Was I Dreaming?

A reverie is going to be told by me.

精神史

人間のために犠牲となった神の名前

前回、人間が持つとされた知性と霊性の由来を物語る神話を見た。

夢の場所(2)死すべきもの

前回、夢は夜と眠りと関連付けられ、映像として理解されていた事、そして、何故、人は眠るのかについて「そういうものである」という説明が詩的に表現されていた事を見た。以下では、そうした眠りから戻らぬ者たちがどうなると解されていたのかを見てみよう。

夢の場所(1)夢と眠り

人はその長い歴史の中で、いつ夢を夢だと気が付いたのだろう。 夢はずっと夢であったはずだが、彼らが夢で見る場所を、どこかにそういう別の場所があると思っていた時期はなかっただろうか?そこで経験する出来事を彼らはどのように思っていたのだろう。 そ…